ホームシアターの基本 設置編

サラウンドにおける
スピーカー設置と音質調整の仕方

スピーカー設置の基本

5.1チャンネルにおける一般的な配置

ホームシアター(5.1チャンネル)は設置が肝!

 上の図にあるように、ホームシアターは原則、前方3つのスピーカーと後方に2つ、合計5つのスピーカーを使用し、取り囲むように配置します。
 製作者の意図した立体感を得るには、スタジオでの制作過程と同じスピーカー配置にするのが基本です。家庭では難しいですが、知識として知っておきましょう。平面上の位置としては、ITU-R(国際電気通信連合 無線通信部門)がBS.775-1で推奨する角度が基本です。
 聞くところから、各スピーカーまでの距離は全て同じ、つまりリスナーを中心として同心円上であれば良いのですが、制作スタジオでは2~3mに配置するのが標準的です。

 詳しくはサラウンドとは?の記事をご参照ください。

具体的なスピーカーの設置

前方3本:視聴位置での耳の高さ、
後方2本:耳の高さより、60cm~90cm程度高くする。真横がおすすめ

前方、後方設置イメージ
後方の設置イメージ

映画館の配置をイメージしてください。
前方3本
テレビ(スクリーン)を中心に同一線上が好ましいです。極端に真ん中が上になったり、下になったりすると、音像が引っ張られて違和感が出るので、設置環境では、真ん中のスピーカーはないほうが好ましいので、揃える前に設置イメージを確立しましょう。

後方2本
私の場合、上の図のように後方には下げず、高さ約80cmで設置し、リスニングポイントの真横に設置しています。視聴位置より後ろにしたり、1m以上高くしたこともありますが、前方との乖離があり違和感が出てしまいました。真横であれば、音がダイレクトに入るのと適度な包囲感、方向感が出ますのでおすすめです。迷ったら真横にしましょう。
 高くするのは、映画鑑賞において上下方向の立体感を得るためで、音楽ソフトを重視する場合など、用途や好みに応じて、耳の高さに揃えても構いません。
 真後ろにすると、近接視聴となり、包囲感が薄れます。実際のところ好みですが、後方スピーカーは仮設置も難しいので、台などでかさ上げし、試してみるのもいいかもしれません。
後方に壁がない場合、トールボーイスピーカーやスタンド設置も検討しましょう。ただし、トールボーイスピーカーの場合は、音色が合いにくいので注意しましょう。

サブウーファー
一般に低音は方向がないといわれていますが、鳴っている方向は検知できるので、前方に置きましょう。

筆者宅の配置図

音質調整の基本は距離と音量

■各スピーカーの距離と音量を調整する

実際の家庭では、部屋の形状や家具などにより、スピーカーの配置は思い通りにはなりません。

主な設置の問題点
・スピーカーの配置角度を守るのが困難
・スピーカーは置きたい場所に適当な壁や本棚がない
・左右で距離が合わない

距離が違う場合、当たり前ですが、近いスピーカーからの音が先に聞こえ、遠いスピーカーからの音は遅れて聞こえる事になります。音の速さは、おおよそ340m/秒と高速で、言い換えると30cmのずれで0.001秒でしかありませんが、人間は検知してしまいます。長方形の部屋でサラウンドSPの距離が視聴位置と離れすぎるとすごく違和感を感じます。サラウンドで正確な立体感を得るには、
距離調整が非常に大事です。
 そのために自動補正を利用します。視聴位置から距離が最も遠いスピーカーを基準に、近いスピーカーは、その分だけ音を出すタイミングを遅らせる。実際の設定は、各スピーカーまでの距離を入力するだけです。
 しかし、電気的補正には限界がありますので、後方スピーカーの設置には気を使ってください。壁が遠い場合には、片方は天井につけるなど、限りなく左右の距離が視聴位置から等距離になるように設置してください。
 
 各スピーカーまでの距離が異なれば、音量も調整しなければいけません。
具体的には、機器に内蔵されている「ザー」というテストトーンを利用し、リスニングポイントで全てのスピーカーからの音が同じ大きさに聞こえるように調整します。実際の再生では、後方側が物足りなく感じますが、基本的にはテストトーンで同じように聞こえた音量にしましょう。

■自動調整に頼りすぎない

 電気的補正には限界がありますので、後方スピーカーの設置には気を使ってください。壁が遠い場合には、片方は天井につけるなど、限りなく左右の距離が視聴位置から等距離になるように設置してください。
 自動補正も製品によっては、手動で設定するよりも不正確だったり、大雑把だったりするケースがありますので、予め各スピーカーから視聴位置の距離を測っておく、音質調整も自分がよく見る映画や音楽を決めておき、設置の際に確認できるようにしておきましょう。