【天井取付】TD508mk3 セッティング

取り付け金具 CB1の取り付け

前提として、TDシリーズのスピーカーを天井や壁に取り付ける際は、CB1という取り付け金具が必須です。実際に取り付けるところに合わせて、寸法を調整します。壁などからは80cm程度離すのがベストと公式の回答にありますが、無理でしたので50cmとしました。筆者宅は梁があるので、取り付けは凄く楽でした。

実際に当てて、下穴をあける
実際に当てて下穴をあけておく
CB1を取り付ける
>の印側がスピーカーユニットの前面になります
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CB1 ECLIPSE(イクリプス) 天吊りブラケット(1個)
価格:4320円(税込、送料別) (2020/3/31時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TD508MK3 [WH:ホワイト]ECLIPSE(イクリプス) 単品スピーカー
価格:58932円(税込、送料無料) (2020/4/2時点)


スピーカーベースの取り付け

先にスピーカーを外しておきましょう。
真ん中がスピーカーベースです。

スピーカーベース部分
スピーカーベースをCB1に固定します

スピーカー本体の取り付け

スピーカーとアームをつけておき、あらかじめ角度は変えておきましょう。
外した時と同様にベースに引っ掛けて、付属のねじを締めます。
アームの角度は三段階で調整できるので、お好みに調整します。
最後にベースカバーをつけます。

取り付け後
ベースカバーは最後に戻します
完成

番外編:TD307mk2aの取り付け

TD307mk2aは取り付け金具CB1は必要ありません。
508mk3と同じように、ベースを外し、ベースを直接取り付けます。
こちらでは、将来CB1を付けられるように、穴位置はCB1のものにしました。
ネジの取付位置は比較的自由がききます。今回はトップスピーカーの位置づけなので、向きをリスナー直にして、アームを反対にして、角度をつけました。

モールをつけて、完成
こう見るとモールが目立ちませんね
ケーブルも配線しました
4本をモールの中に入れるのはなかなか大変です。
余談:モールをつける前は悲惨
角もジョイント金具でキレイに
アンプの設定の済ました後は・・・
ドルビーアトモスで再生されました

感想

 実際の取り付けは難しくありません。CB1の取り付け場所によっては、ボードアンカー等が必要になります。508mk3は3.5Kg程度ですので、そこまで重くありませんから、取り付けはしやすいです。スピーカー自体をベースから外す作業もありますので、説明書は一読しておきましょう。ベースのつけ方により、アームの角度が変わるので、用途に合わせて変えましょう、アトモス用途ならベースは逆にして、ユニットを下に向けましょう。音質等の詳細はまた後日に追記します。
 TD510MK2よりも低音はもちろん出ませんが、音の性格が同じですので、音のつながりはピカイチです。定位感も申し分ありません。TD712以外はありますね(笑)

TDシリーズの紹介
https://www.eclipse-td.com/concept/index.html