スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

仕様

■種別・・・配信
■解像度・・・1080p
■音声・・・ドルビーデジタル5.1(英語)
■HDR・・・なし
■画質・・・9
■音質・・・10+2

作品概要

ストーリー
 スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは銀河各地に勢力を広げていき、その中で銀河の未知の領域にある惑星エクセゴルにたどり着く。そこでカイロ・レンは、かつての銀河帝国皇帝であり、死んだと思われていたパルパティーンの秘密を目の当たりにする。一方、レジスタンスのレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとして修行を積んでいたレイは、スパイからもたらされた「パルパティーンが生きている」という情報の真偽を探るため、フィンとポー・ダメロン、チューバッカら仲間とともに砂漠の惑星パサーナへと向かう

うーん結局、またパルパテイーンが出てきて、端的に言えば、人が変わったけどやってることはep3じゃないかということで・・・作品としては・・・という感想でした。

太陽の末裔観るなら<U-NEXT> すべての作品が見放題【ABEMA】

レビュー 

画質

DIマスターは4K
最新作、グレイン処理もほとんどなく、ストレートにきれいな映像
新3部作は画質面において、かなりリファレンス的に見てもよろしいかと
暗部階調も良好で、立体感も感じられる。

音質

★3つです!!では足りないくらいの広大かつ重厚なサウンド!これこそ40年余り映画音響を牽引したムービーサウンドでしょう。ドルビーデジタルのアップミックス再生であっても、思わずうなっていしまいました。トップ、サラウンドを中心に音が降りそそいで、ウーファーは鳴りっぱなし、LFEは要所というより
しょっぱなから大活躍!!あっぱれ 作品自体はあれれですが、ホームシアターってなんだ?をしっかり知らしめてくれる。